はんぺんのブログだよ。

京都に住んでる理系大学生のブログ。書きたいことを気の向くままにが基本スタンスだが、最近は音楽成分が高め。

時間の使い方が絶望的にへたくそ。

 

今日は日曜日。昨日はバイトで一日割と忙しかったけど、今日は全休。

課題や勉強、来週のライブに向けてギターの練習や歌詞を覚えるために空けてある日だった。

でも、気付けば一日中映画やアニメを見たり、ツイッターを眺めたり、まとめサイトを見たり、youtubeを見たり、時間の浪費浪費浪費。

 

こんな時間の使い方をするならばバイトを入れた方がマシだったなぁ。

もうすぐ夜の9時ですよ。俺は馬鹿か。とか思いつつあんまり反省してないところがもっとやばい。

っていうか、もうこういう時間を浪費することに慣れてしまっているのである。これが大学生活2年とちょっとで積み上げてきた俺の経験、ふぁっく。

でも幸か不幸か、こんな日を何回も経験してきたが、いまだにこの一日の終わりの虚しさには慣れない。慣れたら終わりだ。てかいい加減学べよ俺。のんきにブログ書いてる場合じゃねえぞ。

 

周りを見渡すと僕とは違って時間を有効活用している人はたくさんいる。

週に何日もバイトのシフトを入れ、必ず授業に出て勉強をしながら単位を確保し、サークル活動もしっかりとこなす。

そんなやつらの話を聞いてると同じ人間だとは思えない。自制心が神。僕が知らない間に君たちはそんなに成長していたんだね。

いや、当人からしてみればそれが普通だろ?って話なんだろうけど、僕からしてみればどんだけ人間できてるんだって感じですよ。

僕なんて、週一回はなんにもせずにダラぁっとおうちで過ごす日がないと耐えられない。(って思いこんでるところも甘いんだけどさ。)

平日も学校が終わればバイトなぞせずにおうちでのんべんだらりんとしている時間がないと嫌だ。バイトを入れてお金を稼ぐよりだらだらとする時間が欲しい。遊ぶお金は二の次だ。

 

ただこう、家に引きこもって社会から隔離された状態で一日という時間を湯水のように使っていると、割と死にたくなる。病んでくるのも事実。

 

でも、月曜が始まり、また学校に行き、金曜日まで頑張って、土曜日はバイトをするとやっぱりダラダラしたい欲が出てきて日曜日は無気力状態になってドロドロに溶けたスライムのような廃人生活を過ごすというサイクル。

 

一応日曜日にやることは前日に設定するからこそ、外出の予定は入れないんだけど、当日になってみると「あぁ、なんもやる気でねぇ、だらだら思考停止して液晶画面見ててぇ。あともう少し、、、あともう少しだけ。。。。」って感じで一日が消えていく。

 

 

虚しい、辛い、死ぬ、病む。

 

唯一の救いは、お酒やタバコ、ギャンブルに溺れていないことだと思う。

タバコはそもそも吸わないし、お酒は好きだけど、何にも頑張ってない日に飲む酒って美味しくないのよね。そもそも酒を買うお金がない。

ギャンブルも興味ないしなぁ。そもそも掛けるお金がない。

、、、貧乏過ぎて虚しくなってきたな???働くか???

いや、酒やギャンブルにつぎ込むお金を生み出すぐらいなら働かない方がマシです。つまり、働いたら負け。

 

 

逆にあれだ、こんな時間の使い方ができるのも今のうちだしこれはこれで乙なのかもしれんな。

とか考えたりもする。でもそういう考え方をして納得させようとするから自分はダメだし、無駄に過ごした時間の後に襲ってくる虚しい気持ちは実際に存在するわけで。

 

思考はどうどう巡り。ただ時間だけが過ぎていきます。