はんぺんのブログだよ。

京都に住んでる理系大学生のブログ。書きたいことを気の向くままにが基本スタンスだが、最近は音楽成分が高め。

Journeyの「Separate Ways」のMVが面白すぎる。

 

某日、友人がこのMVを見せてくれた。

 

www.youtube.com

レキシの「KATOKU」。

最近レキシ流行ってるよね。僕もshikibuとかキラキラ武士とか好き。

で、この「KATOKU」のMV。どうやら昔の映像のパロディらしい。

そのパロディ元がこれ。

 

www.youtube.com

 

 

......突っ込みどころありすぎぃ!!!!

 

ということで、今回はこのMVについて語ります。

 

冒頭から面白い

f:id:hanpennnn:20170613132648j:plain

 

からの

f:id:hanpennnn:20170613132722j:plain

デデーン!!

 

開始4秒でこの演出。とくにキーボードのおっさんのエアキーボードの頑張りが個人的にツボ。というかこの最初のコマがこのMVの面白さを物語っているの言っても過言ではない。

 

 

サビの演出

やっぱMVにおいてサビの演出って大事だと思うんですよ。やっぱり一番演出的に力をいれなきゃいけないはず。

 

って思うじゃん。

f:id:hanpennnn:20170613133039j:plain

力入れるのそこっ!?

いや、確かにこぶしや表情に力を入れてサビの熱さを表現するのは大事だけど!

もう少し力を入れるとこあったんじゃない!?

チープ。あまりにもチープ過ぎるぜ!!

サビはあれだ、バブル時代らしく爆発とかさー、そういうのないんですか、そういう時代じゃないんですか、、、違いますか、そうですか。。。

 

で友達と僕の一番突っ込みたかったところ。

 

f:id:hanpennnn:20170613133317j:plain

 

 

・・・・壁にキーボードて!!!!!!

どうやって張り付けたん??

ボンド??ボンドですか??どうやって張り付けた??

てかどこからそのアイデアが出てきた!?

もうちょっとカッコ良い見せ方あったんじゃない??

どういう心境で撮影してんの!!?

 

もう突っ込みどころしかないです。

 

 

f:id:hanpennnn:20170613134049j:plain

1カメ

 

f:id:hanpennnn:20170613134141j:plain

2カメ

 

f:id:hanpennnn:20170613134316p:plain

3カメ

 

見事な3段落ちである。

 

 

f:id:hanpennnn:20170613134544j:plain

ニコ動なら「こっち見んなwww」って突っ込みコメントがありそうな振り向き&カメラワーク。

 

 

うん、もう突っ込みどころありすぎなんであとはね、みんな自分で突っ込んでください。

僕は疲れました。

明日はこのMVを別の友達のところに持って行って一緒にツッコミを入れて遊ぼうと思います。

 

そもそもジャーニーってどんなバンド??

f:id:hanpennnn:20170613143000j:plain

気になって調べてみました。ていうかwiki見れば一発なんだけどね。

ジャーニー (バンド) - Wikipedia

wikiの情報量凄いなおい。どうやらレジェンド級のバンドらしい。

1973年にサンフランシスコで結成され、メンバー交代や、再結成などを経て、音楽性を変えながら活動。また、1970年代中期から隆盛した「アメリカン・プログレ・ハード」の代表的なバンドとしても知られる

だそうです。たしかに古き良きアメリカって感じだもんなぁ。

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

代表曲っぽいやつ二つ。

・・・聞いたことあるわー!!!

やっぱ凄いバンドなんだな。

 

 

なぜこんなMVに??

このSeparate Waysがリリースされたのは1983年。

ファッションとかは、まぁそういう時代だったのかな?

今見たら明らかにダサいけど、昔の人にとってこのファッションはまぁイケてたんだろうな。日本でいうバブル時代の肩パッド的な。

 

あと、絶対このMVほとんど予算かかってないと思うんだまじで。

めちゃめちゃ低予算。日本の今の売れてないバンドでも作れる、というか僕でも本気出せば真似できそうなレベル。

ジャーニーのデビューは1975年でそこそこキャリアも積んでお金もある時期だろうになんでこんなMVになったのか不思議でしょうがない。いや、面白いから全然いいんだけれどもね。

 

80年代独自のダサさが逆に新鮮で良い

ここまで散々「笑える」だなんて言ってきましたけど名曲であることに変わりはないよね。

80年代独自のダサさというか、そのダサさが今聞いてみたら逆に良いみたいな。

キーボードの音とかめちゃめちゃダサい。

バブリ~って感じ。

ギターのソロもめちゃめちゃダサい。

 

だが、そこが良い。ダサくて良い。新鮮。ラッドとかバンプとか聴いてる場合じゃない。俺たちに足りないのは圧倒的ダサさだ。

f:id:hanpennnn:20170613143245j:plain

 

今80年代ってまた流行し始めてるじゃないですか?

平野ノラとか、映るんですとか、星野源のブラックミュージックとか、今回のレキシのMVのパロディだってそう。

やっぱね、ダサいって片づけるのは簡単だけど、意外と80年代、良いかもしれない。

これからの時代は80年代なのかもしれない。

女子高生が「メンズのノースリーブにぶかぶかのGパンやばい!!一周廻ってカッコイイ!!惚れる!!」

 

なんて時代が来るのかもしれない。

 

 

f:id:hanpennnn:20170613142207j:plain

 

 

・・・来る、、、かな???

~fin~

 

 

 

アルティメット・ベスト~グレイテスト・ヒッツI&II~(期間生産限定盤)

アルティメット・ベスト~グレイテスト・ヒッツI&II~(期間生産限定盤)