はんぺんのブログだよ。

京都に住んでる理系大学生のブログ。書きたいことを気の向くままにが基本スタンスだが、最近は音楽成分が高め。

岡崎体育の「Natural Lips」について考える。

 

f:id:hanpennnn:20170528181321p:plain

 

今回は岡崎体育の新曲についての記事。岡崎体育って誰??って方は↓の記事を読んでみよう!!どんな人か分かるはず。

hanpennnn.hatenablog.com

 

 

ということで、前作の「感情のピクセル」から数週間。再び新作MVが公開されました。

 

 

「Natural Lips」について考える。

www.youtube.com

 

日本語の歌詞なのに英歌詞に聞こえるという新感覚な曲。

目をつぶって聞いてみるともうね、ほぼほぼ英語にしか聞こえない。日本語をうまく英語に聞こえるように、言葉のアクセントを英語みたいに強調したりとかしてる。

日本語で歌ってるのに、英語に聞こえるといえばデリコことlove psychedericoが有名だけど、デリコは英語と日本語の歌詞を上手く混ぜてそれらしい感じを出しているのに対し、岡崎体育は日本語を完全に英語に聞こえるように歌っているので、まぁアプローチとしては似て非なる物なのかな。

www.youtube.com

 

 

「日本語なのに英語に聞こえる」っていうのが今回の曲の趣旨というかメインテーマなんだろうけど、普通に英歌詞の音楽として聞いても完成度高いと思う。てか、僕はそういうとこが好き。

初見で聴いて思ったのが、ちょっとブルーノマーズ意識してるんじゃね??ってこと。

www.youtube.com

ギターのカッティングとか、リズム感とかもちょっと似てるし。っブラックミュージック意識してる感ある。僕のわからないところでも、いろいろな洋楽的な要素を取り入れてると思われる。

 

 

MVがダサい

ここは惜しいなーって思ったとこなんだけど、MVダサすぎじゃね??

いいや、このダサさと予算のない手抜き感は製作者側もわかってると思うんだけど、それにしてもちょっと微妙感はある。

この手抜き感は何を意識してるんですか先生、誰か教えてください。

僕なら可愛い女の子をテキトーに躍らせとくかなぁ。だいぶ安直な考え方だけど。

 

そろそろガチな曲で勝負してもいいんじゃない??

「Music video」のヒットで一気に表に出てきた岡崎体育

「感情のピクセル」も大ヒットを飛ばし、そして今回の「Natural Lips」。どれも素晴らしい作品ばかりだし、音楽に対して客観視して、それを曲にしてかつそれが面白いっていう戦略はまぁ、間違いではないし、それが岡崎体育らしさでもあるんだろうけど、そろそろね、ガチなやつ、ね。僕は期待しちゃう。

www.youtube.com

こんな感じのやつ。

 

岡崎体育が好き好んで今のような戦略でいるのなら、僕は言うことないのだけれど、そろそろスペツナズのような正統派な曲でヒットを飛ばしてほしいというのが僕のちょっとしたわがまま。

「music video」や今回の曲が売れる為の音楽だとしたら、もう十分売れたんじゃない??

そろそろ大衆を意識せず、好き勝手音楽をやってみてもいいタイミングじゃないですか岡崎さん!!

 

 

XXL(初回生産限定盤)(DVD付)

XXL(初回生産限定盤)(DVD付)