はんぺんのブログだよ。

京都に住んでる理系大学生のブログ。書きたいことを気の向くままにが基本スタンスだが、最近は音楽成分が高め。

セサミストリートにゲスト出演している歌手が豪華すぎる件【Youtube】

 

f:id:hanpennnn:20170331150507j:plain

先日、いつものようにYoutubeを徘徊していると、偶然見つけた動画がこれ。

 

www.youtube.com

 

 

・・・・ブルーノマーズニキやんけ!!!

 

一応紹介しておくと、簡単に言えば今のアメリカにおけるスーパースターである。現代版マイケルジャクソン的なイメージです。youtubeの再生数とか見てみればけた外れの凄さが分かるはず。

 

 

日本では車のCMで使われてるよね。

www.youtube.com

  

 んー、まだ凄さが分からない?

じゃああれですよ、ひと昔前日本でももうプッシュされてたワンディレクションぐらい盛り上がってた・・・

 

・・・・ん???

 

 

www.youtube.com

 

ワンディーも出てるやんけ!!!

 

 

Uのうどんで少しフイた。アメリカでうどんって有名なのかな??

 

原曲はこれ↓

www.youtube.com

 

他にも最近モンストのCMにも出ていたペンタトニックスや、現在「Shape of You」がビルボードチャート1位で大ヒット中のエドシーラン、グラミー賞常連のノラジョーンズなどなど、早々たるメンツが出演してた。

 

一応日本からもピコ太郎が出演してる

www.youtube.com

くっきーばったーちょっこーくっきー☆

 

 

ふふふ・・・可愛い。。。

ピコ太郎ってこういうとき良いなって思う。子供向け番組に絶対合うよねこの人。

 

 

セサミストリートの歌手や俳優を呼ぶ文化

セサミストリートは1969年の初回から40年以上続く番組。調べてみると、どうやら昔から有名人を呼ぶという文化があるらしい。昔の動画を漁ってみるとスティーヴィーワンダーだったりマイケルジャクソンだったりも出てきたりしてた。ほんとに凄いな。

 

思うに、この文化が始まってから、セサミストリートとそれに出る歌手や俳優を見て育った人たちがまたセサミストリートに出る見たいな循環が出来上がっているのだろう。長寿番組だからこそなせる業と言うか、なんとも羨ましい。

 

最後に

日本の古くから続く教育番組と言えば、「お母さんといっしょ」だと思うのだけれども、有名な歌手をゲストとして呼ぶ文化はない。やってくれないかなぁ。

ジャニーズとかエグザイルとかAKBとか、なんでも良いから国民的歌手をゲスト出演させて、定番の曲の替え歌や子供向けの曲をオリジナルで歌ってもらうみたいな。セサミの丸パクリだけども。

 

僕個人として見てみたい。そういう文化ってなんだか素敵じゃない??

 

うたのおねえさんやおにいさんが歌う曲もきっといろいろ研究されてて、教育について凄く練られて作られているとは思うんだけれども、

 

例えばブルーノマーズみたいに実際に努力をして、大成功を収めている人の「あきらめないで」っていう言葉の説得力っていうのはまた違った意味で教育上良いと思うんです。しかもそれをただ歌番組で歌うんじゃなくって、教育番組で流すってところも重要。

www.youtube.com

 

 エドシーランの曲とかな。めちゃくちゃ良いこと言ってる。こんなこと言われたら絶対

学校で良い子になっちゃうよ。

www.youtube.com

 

うーん、子供向けとは言え、大人でも全然聞ける。

 

 

 

 

 

ほんと、日本でもおんなじようなことやってくんないかなぁ。。。

 

 

では、今日はこのへんでっ!!