はんぺんのブログだよ。

京都に住んでる理系大学生のブログ。書きたいことを気の向くままにが基本スタンスだが、最近は音楽成分が高め。

邦楽のいいところ。洋楽のいいところ。

f:id:hanpennnn:20170316164807j:plain

 

音楽を聴くことを趣味にしていると、邦楽だけでなく洋楽に手を出す人も多い。そして必ず生まれる論争がある。それは、「洋楽と邦楽、どちらが優れているか?」という問題である。

で、

 

邦楽好き→洋楽最強ww→いや、やっぱ邦楽良いわ。。。→洋楽意外とあり。。。→以下繰り返し

 

の、輪廻を彷徨ってきた僕からして見れば、どちらの音楽が優れているかなんて比べること自体どうでもいいことだとやっと分かってきた。

どちらの音楽にも長所と短所はあるけど、勝ち負けを決めるなんてどうでもいいのである。

ということで、そんな思考に至った僕が「洋楽のいいところ。邦楽のいいところ。」を考えてみた。

 

 

 

 

洋楽のいいところ

1.歌唱力

www.youtube.com

なんだかんだ平均的に歌唱力はあっちのほうが高い。やはりあちらは弱肉強食の社会であり、音楽やってる人口も英語なので単純に多い。ゆえに、プロで活躍してる人のレベルは洋楽の方が高くなるのは当たり前だろう。

それに体の構造からして発声がもう違う。声帯がもうがっちりしてる。

 

 

 

2.英語がかっこいい

www.youtube.com

隣の芝は青く見えると言いますが、やっぱり英語ってカッコイイ。白人や黒人の声から生み出される発音の良い英語な。やはり敗戦国としての白人コンプでもあるのかもしれない。

 

さらに英語自体が音楽に合っているっていうのもあるだろう。

例えば日本語で、

私は学校に行く。

と言う場合、英語なら

I go to  school.

発音するときはもはや、 あ ご とぅ すくぅ

でいいのである。少ない発音で多くの情報を込めることが出来る。

これは日本語にない利点である。

 

3.音楽としての多様性

www.youtube.com

日本の歌謡曲はaメロ、bメロときてサビで一気に盛り上がるという構成が基本だが、洋楽は基本なんでもあり。上に上げたテイラーの曲。見事に構成が曖昧だ。

日本でもいろんな音楽をやっている人はいると言えばそうだが、その曲がヒットしているかと言えばそうでもない。

チャートを見てもらえば、洋楽では実にいろんな音楽がランクインしていることが分かる。どんな形であれ、その音楽が良ければ評価されるのが洋楽である。

 

 

 

邦楽のいいところ

1.歌詞がすっと入ってくる

www.youtube.com

やはりこれが最大の利点。ちゃんとストレートに歌詞が入ってくるのは日本人が日本の歌詞を歌うからこそ。

洋楽でも、和訳を見れば歌詞が分かるという人もいるかもしれないが、でもそれでは

 

英語を聞く→日本語の意味を考える。

 

という作業が入っているので、直接意味が頭の中に入ってきているわけでもないだろう。

それに比べ日本語は訳すという作業はいらない。耳から心に直接言葉が届く。それがまさに、邦楽の最大の魅力だろう。

 

2.表現の多様性

www.youtube.com

英語でいう、「I」。日本語でいうならば、

わたし、僕、俺、わし、うち、吾輩、それがし...etc

一人称だけでこれだけの種類があり、同じ意味でも微妙にニュアンスが変わってくる。

この微妙な意味の違いを表現することのできる日本語の便利さ、美しさ、多様性は英語にはない利点。 

 

3.構成のわかりやすさ

www.youtube.com

邦楽は基本的に構成は決まっている。邦楽のポップスは、

aメロで導入して、

bメロでサビのための準備

サビで一気に盛り上がる

の繰り返しでできていることが多い。構成が悪く言えば単純、良く言えば簡単。つまり分かりやすい。サビがどこに来るかが分かるので、どこが大事な部分なのか、どこに意識を集中させればいいのか歴然だ。だから邦楽はノリやすい。

あとサビは盛り上がるって決まってるので、聞いてて安心だし、bメロでためてからやってくるサビはとても気持ちがいい。

 

 

いかがだっただろうか?

繰り返しになるが、僕は洋楽と邦楽にそれぞれ長所と短所があって、それぞれに良さがあるわけで、そこに勝ち負けなんてないと思ってる側の人間だ。

 

もし周りの友達で、「邦楽はクソ」とか「洋楽とか意味わかんないから嫌い」とか言ってる連中がいたら温かい目で見守ってあげよう。

 

邦楽、洋楽、どちらも素晴らしい文化を持った音楽です。

 

では、良き音楽ライフを!!

 

広告を非表示にする