読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はんぺんのブログだよ。

京都に住んでる理系大学生のブログ。書きたいことを気の向くままにが基本スタンスだが、最近は音楽成分が高め。

SHISHAMO4がやたら恋愛脳の僕に刺さる。【レビュー】

 

f:id:hanpennnn:20170301030239j:plain

 

ガールズバンドSHISHAMOの新しいアルバム、その名もSHSHAMO4を聞いた。

 雑感

僕にとっての初SHISHAMOアルバム。

めちゃくちゃよかった。

久しぶりに音楽でキュンキュンしてしまった。

歌詞が良い。痒い所に手が届くというか、いちいち目の付け所が上手い。

 

ボーカル宮崎朝子の声ね、最高。歌詞や雰囲気によって歌い方が元気だったり可愛かったり哀愁ただよわせたりエロかったり、表現力豊かだ。

 

メロディも相変わらずポップでキャッチーなんだけど、なんというか、聞いてて飽きない。メロディが綺麗。

 

 

ということでね、僕の心に刺さった曲を紹介していこうと思います。

 

 

 

まず一曲目、「好き好き!」

 

好き好き!

好き好き!

 

とりあえず

好き好き好き好き好き好き好きだって伝えたいんだ

の部分がね、絶対「キス」って聞こえるの狙ってると思うんだ、そこの部分だけでもう好き。

 

 

二曲目、「すれちがいデート」

 

すれちがいのデート

すれちがいのデート

 

これが個人的に一番刺さった。

1番が女の子視点、2番目が男の子視点の曲。

男の子が彼女の優しさに甘えすぎて、彼女が愛想を尽かす歌なんじゃないかなぁ、って思う。あぁ、凄く、分かる。

最後のオチがめちゃくちゃ好き。

 

 

4曲目、「終わり」

 

終わり

終わり

 

失恋ソングです。サイコー。

早口でまくし立てるような感じが、失恋した時のあの心の中がぐちゃぐちゃな感じとリンクしてて良き。そして下手にうじうじせずに爽やかで疾走感のある曲調も歌詞とのギャップがあってグット!!

いやぁ、しかし歌詞が無駄にリアル。。。

 

山手線のところ、夜に別れ話をして、始発の山手線で帰ってるのかな。

 

くそぅ、リアル過ぎか。。。

 

 

7曲目、「きっとあの漫画のせい」

www.youtube.com

あの漫画ってなんなんだ。。。ってひたすら気になる。

気持ちがめちゃくちゃになっているのを「あの漫画」のせいにしてるんだけど、結局「あの漫画」を通じて「あなた」を思い浮かべて結局「あなた」のせいで涙を流してるって話。

歌詞の主人公可愛い。好き。

 

 

8曲目、「メトロ」

 

メトロ

メトロ

 

秒速5センチメートル」しかり、「君の名は」しかり、切ない恋愛には電車がつきものなのかもしれない。

若者はメトロをよく使うんです。恋人とメトロで移動するんです。恋人との思いでも、メトロで思い出してしまうんだろうなぁ。うまいなぁ。

メトロホームの風が ぶわっとふいたなら

私のこの恋心もこの涙も

一緒に 遠くへ 遠くへ 連れてって

 の部分が凄く好き。

 

 

9曲目、「夏の恋人」

www.youtube.com

情景描写がとにかく秀逸。

歌詞全部載せたい。。。

夏の恋人からバイバイするのを決意する話。まるで純文学みたいな曲です。

 

 

 

 SHISHAMOはいいぞ、とくにラブソング

刺さった曲、全部ラブソングやんけっ!!

って突っ込まれそうだな。いや、普通にそれ以外の曲も全部よかったと思うし、聞く人が聞けば好きだと思う。

とりあえずラブソング好きの恋愛脳の僕にはドストライクの曲ばかりでした。

ボーカルの人(22歳)が作詞作曲してるんだけど、まじで天才だと思う。年が近いから共感できるのか、普遍性のある歌詞を書けるから共感できるのか、分からんけど、とにかく歌詞が凄く好きです。

普通にファンになってしまったよ。ファーストアルバムから聞いてみます。

 

SHISHAMO 4

SHISHAMO 4