はんぺんのブログだよ。

京都に住んでる理系大学生のブログ。書きたいことを気の向くままにが基本スタンスだが、最近は音楽成分が高め。

乗り遅れるな!今、最も勢いのあるバンド、アーティスト三選。

f:id:hanpennnn:20170213112732j:plain

 

 

「今最も勢いのある!」

って言葉、なんか胡散臭くない?

 

雑誌とかMステなんかで良く使われるフレーズだからか知らんけど、わりとまじで使われて過ぎて胃もたれしそう。

 

だが、今回に限ってはガチだ。

今回紹介する三組は、音楽オタクからしてみれば耳にタコができるぐらい聞く名前だろうけど、敢えて紹介します。

知らない人に向けて。

まあ、あれだよ、より多くの人に知ってもらいたいという僕の欲も入ってる。

ということでいってみよう

 

 

 

Suchmos

www.youtube.com

stay tune in 東京 friday night~♪

ってずっとCMで流れてる。。。

もう聞き飽きたよ!!

でもfullで聞くとなんだかんだカッコイイって感じちゃうから困る。

 

そんなsuchmos。まだまだ知名度は世間様からしてみればそんなにないと思われる。

和製ジャミロクワイなんて具合で売り出されていたsuchmosだけど、もう彼らはオリジナルの音楽として確立している。

 

まさに、オシャレなロック。とりあえずオシャレな若者になりたかったらsuchmossは必聴だ。なんならおしゃれじゃなくてもsuchmos聞いてるだけでオシャレの仲間入りできるんじゃね?的な錯覚まである。

 

今一番勢いのあるバンドと言えば?

と聞かれたら間違いなくsuchmosだ。

業界のプッシュだとか、ステマとかじゃなくて、その実力とセンスとファッション性がもはや卓越してると思う。

音楽マニアも口を揃えて「suchmosは良いよ」

って言っちゃうレベル。やばすぎ。

 

最新アルバムは有名なCM曲の他、全てが名曲揃いなので、そこから聞いてみよう!!

絶対知っておいて損はないバンドです。 

www.youtube.com

 

 

THE KIDS(DVD付)

THE KIDS(DVD付)

 

 

 

米津玄師

www.youtube.com

映画「何者」でPerfumeきゃりーぱみゅぱみゅの楽曲で作詞作曲を手掛けるあの中田ヤスタカとタッグを組んで主題歌を担当したり、つい最近ではアニメ「三月のライオン」のEDテーマを担当したりで一気に知名度を伸ばした米津玄師。

 

実はニコニコ動画出身でボカロP「ハチ」としても頂点の座に君臨。

メジャーデビュー後からずっと成長しており、その勢いはとどまることを知らない。

絵を書いたり、ダンスをしたりとその才能は多岐にわたる。

僕個人としては、現代の宇多田ヒカルてきなポジションに立っていると思っている。

その作詞作曲能力、音作り、ファッション性、すべてが群を抜いている。

これほど天才って言葉が似あう人はそうそういない。

と、べた褒めしまくりだが、ほんとに彼はすごい。

 

www.youtube.com

 

LOSER/ナンバーナイン

LOSER/ナンバーナイン

 

 

 

 

ぼくのりりっくのぼうよみ

 

www.youtube.com

現在19歳。ちょー若手です。

でも、メジャーデビューは17歳。その時点で業界人から絶賛の嵐の猛プッシュ。

怪しい。怪しいよ。

でも、実力は確かに本物だ。

いわゆる韻の踏まないタイプのラッパーなんだけど、その独自の詩と新しい音楽性は今の音楽の最前線と言っても過言ではない。

 

業界猛プッシュに見合うだけの実力を兼ね備えた彼の楽曲はそのバックについた業界の大人たちに支えられている。そのバックについた大人達の力にも感服させられるというか、ぼくりりのような若手のチャレンジを巨大な力でバックアップしてるところも必聴ポイント。

とにかく音源としてのクオリティとチャレンジ性が聞いててすごく新鮮で面白い。

 

そしてなんといっても彼の書く詩。10代だからこそ書ける若々しさと、逆に10代とは思えない深みを持っている。その両方を兼ね備えてるよ、すごい。

聞けば聞くほど味が出る詩です。もちろんぼーっと聞いてても気持ちの良い語感と優しい声が聞いててとても心地良い。

 

ぼくのりりっくのぼうよみ。若い、若すぎるがゆえの色眼鏡もあると思うんだけど、それ抜きにしたとしてもその音楽は先進的で、めちゃくちゃかっこよい。応援してます。

www.youtube.com

 

Noah's Ark

Noah's Ark

 

 

 

まとめ

「今、最も勢いのある。」

この三組に関しては嘘偽りなくそう言えます。

これから1年後、2年後、どれだけ日本の音楽業界の山を登っていくのか、彼らの成長がとても楽しみだし、こんな音楽がどんどん流行ってくれれば絶対面白くなるのにな!!

という僕の希望を交えながら記事を書いてみました。

 

suchmoss

米津玄師

ぼくのりりっくぼうよみ

 

何度でもいいます。必聴です。