読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はんぺんのブログだよ。

京都に住んでる理系大学生のブログ。書きたいことを気の向くままにが基本スタンスだが、最近は音楽成分が高め。

アジカンのソルファ(2016)を聞いて思ったこと。

 

 

 

 アジカンといえば、ナルトや鋼の錬金術師の主題歌を歌っていたバンドという印象が僕の中で強い。

 

www.youtube.com

 

アジカンはベストアルバムをよく聞いていたぐらいで、ほかのアルバムはあまり聞いていなかったのであまり詳しくない。だが、最近アジカンの二作目のアルバム、ソルファを演奏、録音しなおした再録版が出たということなので、さっそくアップルミュージックで聞いてみた。

 

 アジカンの魅力といえばボーカルのゴッチの歌詞が描く独特の世界観、シンプルで美しいギターロックだと思っていて、とくにそのシンプルさ故か、バンド初心者にコピーされがちである。彼らの最大のヒット曲、リライトは、僕が通っていた高校の文化祭では誰かが毎年コピーしていたほど、技術の良しあしはともかく、コピーしやすい曲であり、とても人気のある曲だ。ついでにボーカルの「消してええええええ!!」が意外ときつくて残念になりがちだ。僕もリライトはよく聞いたし、カラオケでもよく歌うし、好きな曲の一つ。とにかくアジカンの魅力の一つは、シンプルながら優れた曲を作るということにあると思っている。(少なくとも初期は。)

 今回の記事の主役であるソルファにはそのアジカンの代名詞(世間的には)と言われている「リライト」をはじめ最近アニメのタイアップに使われた「Re:Re:」も入っているアジカンを聞き始めるならこれ!!とされるアルバムの再録バージョンである。

 昔に出たソルファに関しては、よく聞いていたのはベスト盤に入っていた「リライト」と「Re:Re:」と「君の街まで」ぐらいでそれ以外はあまり聞きこんでいないので、過去のソルファとあまり比較をすることはできない。ならなぜこの記事を書いているのかというと、あまりにこのアルバムが良すぎたからである。当たり前ではあるが、捨て曲がない。それでいて、アルバム一枚を通して流れるように聞くことができた。

 1曲目の振動感覚。そこからこのアルバムが始まるわけだが、その時点で一気にテンションが上がる。疾走感。この一曲目からわかることはまず、音がかっちりしている。ボーカルもギターもベースもドラムも安定感がすごい。とくにベースの音が素晴らしく土台を作っている。ベースの音がとにかくいいので注目して聞いてほしい。からのリライトである。ゴッチの声がすごく安定している。よく聞いていたからか昔のと比べて、成長がわかりやすい。

 

www.youtube.com

 

 僕がアルバムを通して思ったのは、轟音で聞くととにかく気持ちがいいということだ。たぶん初期に比べて録音の技術が向上したからだと思うのだが、そういうところからも成長が感じられる。とにかく爆音で聞くと音の渦に巻き込まれる感じがしてすごく気持ちがいいのだ。ベースのゴリゴリした音の支えと所々挟まれるアレンジ、はじけるドラムの音、アジカンの十八番であるオクターブ奏法による美しくシンプルなメロディライン、ゴッチの成長し安定した声が見事なハーモニーを紡ぎ出している。とくに僕がこのアルバムで好きだなあと思ったのは「君の街まで」と「サイレン」である。とにかく聞いてほしい。音が気持ちいい。

 

 もう一度いうが、アジカンに関しては、僕はベスト盤ぐらいしか聞いたことのないにわかである。しかしこのアルバムを一聴して思ったことは、「このソルファを出していた時代のアジカンを聞いてみたい、こんなアレンジをする今のアジカンも聞いてみたい。」ということである。さて、これからアジカンのアルバムを聴き漁っていこうと思う。僕のようにアジカンに興味がなかった人、しばらく離れていた人にもこのアルバムを聞いてみれば、アジカンにはまり出すこと請け合いだと思う。とにかくいいから聞いてみて!!

 

 

 

ソルファ (2016)(初回生産限定盤)(DVD付)

ソルファ (2016)(初回生産限定盤)(DVD付)